健康に効果的なアントシアニンの成分について紹介します。

摂取する方法

摘んだブルーベリー

ブルーベリーには、毎日を健康に生きるために必要な成分がたくさん含まれています。
多くの人が知っている効果は、目の健康維持があることです。
これにはアントシアニンという成分が役立っています。
この成分には、抗酸化力があるため目だけでなく、生活習慣病の予防にも繋がる期待がされています。
さらに、食物繊維が多く含まれていることから腸内環境を整える働きがあります。
またブルーベリーには、毛細血管を強くしたり血流の改善を行う働きもあります。
さらに血管の老化、循環障害の改善にも効果があるとされています。
これらもアントシアニンの抗酸化力のおかげです。
さらに人間の組織を維持する成分のコラーゲンを守り、合成を助けます。
これにより靭帯、軟骨、腱を丈夫にし健康に生活することができるのです。

歴史はヨーロッパ大陸からアメリカへ移住してきた人々が、ブルーベリーを食べたことから始まります。
食べるきっかけとなったのは、ネイティブアメリカンの人々が分け与えたためです。
ネイティブアメリカンの人々にとってブルーベリーは、ビタミン類の摂取のため欠かせない食べ物でした。
移住民がこれを食べたことで、寒い冬を乗り切り、飢えを耐え忍ぶことができたのです。
アメリカでは、ブルーベリーを命の恩人と呼んでいます。
これにより食用として広まり、品種改良のすえ1950年代から日本での栽培が始まりました。
発祥の地はアメリカと言われ、記念碑も残っています。
こうして2000年代に入るとサプリメントや健康食品として、現在のように多く人から注目を浴びるようになったのです。